C O L O R S

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10 2017

『ニューヨークの女性の「強く美しく」生きる方法』

あぁ~やっと休みが来た~~~~
昨日土曜日は娘を実親にみてもらって、友人とランチ&本屋さんへ行きプチ自由を味わってきました!
元々本が大好きで、本屋さんへも足しげく通い(何も買わなくても、平積みの新刊を見て回るのがいいの)本の虫だったのですが、娘ができるとなかなかそうもいかず。
でも昨日はゆっくり本屋さんをみてまわって、大大大すきな石田ゆり子さんがインスタで紹介されていた本を買いました!





石田ゆり子さんが大好きな話はまたするとして、買った本の話。


 

実は以前一度気になったことがあってAmazonで調べてたんだけど、買うほどでもないかなと思って、おいてた本でした。
が、今回石田ゆり子さんのインスタで再び相まみえるという、これは読めって天啓かなと思い、買いに行きました。
Amazonでももちろんよかったんですが、この作者さん何冊か似たような本を書いてらして、現物を手にとってぱら読みして比較して買いたいなと。
結局この2冊を買いました。

私にとって、いくつかの驚きが。
まずは「あぁ、今、この年でこういう本を読んでも、素直に『これ、いい! これ、やろう!』て思えるんだ~私ってまだまだ素直なところあったんだ~」という驚き。
これね。
「どうせまた同じようなこと書いてるんでしょ」とか「できる女のハイレベルな自己啓発本でしょ」とか、思わなかったんですね~。素直に、あ、これいいなって思える内容ばかりでした。

その中でも、今の私に一番響いたのがこちら。
大人の友人関係は多角形!
大人になれば、一人の友人と何もかも一緒に楽しむには無理があります。
場面に合わせて、楽しめる友人を決めておく
共通点だけで楽しめる友人関係は、とても心地よい

これね。
読んだ瞬間に心に鬱積していた罪悪感がスっとなくなりました。
なんで未婚の幼馴染と心からランチライムを楽しめなくなったんだろう、いつから?なんで?とずいぶん悩んでいたんですよね。
彼女の婚活の話とか、仕事の話とか親身に聞いていたつもりだったんですが、「〇〇が輝いて見えて、つらいときある」とか言われて、え……そうなの?(ショック)と。
何にも輝いてもないんですけどね。家事と育児に時間を取られて、美容院もいけてないぼさぼさ頭振り乱して、日々を生き抜いているだけなんですけど。
出産で、永久脱毛したはずが、また毛生えてくるし。

でも、その子とは楽しめる共通点だけ楽しめればいいんだ、と腑に落ちました。
無理やり腑に落とした感もありますが。
私の角は、

        ファッション・美容
    読書・執筆      美術芸術鑑賞
       仕事      家庭・育児・恋愛
           海外  

六角形かな~
今、それぞれの角に当てはまる友人たちの顔を思い浮かべながら、拾い上げていきました。
あ、待って、旅行は?
あ~でも今旅行はどうしても家族中心になるからここには入れられないかな。

あとは、スクラップブックね。
視覚の効果っていうのは確かにとてもあって、心が萌えた瞬間をきりとって、その萌えあがりを後から何回もリピートできるのって大事ですよね。
やろう。
やったら、ここにも載せます。

こういう自己啓発本、普段はほとんど読まないんですが、ニューヨークの写真が散りばめられていて、それだけでも見てて楽しかった。
あとは、ネイティブの相槌とかね。ためになりました。

自己啓発本で、ぐだぐだ悩まずにとにかくやれ! てお尻叩いてくれるおすすめはこれ。



これはほんとにおすすめ。


にほんブログ村テーマ 書物、書籍、本へ
書物、書籍、本 
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。